本文目次関連項目

バットマンズ・・・。

マントを広げた怪人が、 居るとしたら、 真実(ほんとう)は、 あすこの路地に立つ、 普通といわれる格好をした人より、 実はずっと優しいんだろう。 身体いっこになって、 自分は無防備なんだと、 実感してしまう、と・・・。 そうしてしまったなら、 幾人で居ても、 独りで居ても、 何をしていても、 この世は悪意に満ちて、 あまりにも、 恐ろしい。 怖い怖い。 世に...続きを読む »

カクンときたら

歩けやしない 座れも 立ち上がれもしない 一昨日の晩、まっすぐ前をみて、 何気なく過ごしていただけなのに、 ガクンと衝撃。 振り返ると、タクシー。 近づくと 「え?ぶつかりました?」 とな。。。 それはないよぉ。 見ると、後部座席には お若いカップル。 「とりあえずお客さん乗せてるんで」 「とりあえずお客さん乗せてるんで」 を繰り返す。 「あ、そうですか、じ...続きを読む »

あれ、あれあれあれ・・・。

明日、16日に、 『TOKYO!』が東京で公開される。 「初日」です。 公開初日。 世界先行公開!なんて、 とても特別ぅな感じさえ ただよう中。 その日、私は、 東京に居ない。 大阪にて、 『週刊えみぃ SHOW』の収録に行かせていただくのだ。 放送は、その次の日、17日なのです。 もちろん、関西方面で・・・。 その後『チュートリアルのチューして!』の収録で...続きを読む »

灼熱の釜

5年ぶりにこのウェブサイトを再開して、 一回目の文章を書いたのが、 夏が訪れた時期だった。 2年が経ったんだな。 「もう五度目の夏ですよ藤谷さん」と、 自らに呼びかけた。 自分で自分を呼んでみないと、 分からない私ではあるんです。 衰えた筋肉を無表情に眺め、 無表情にペシリとはたく、 スーパースローにゆれる太もも。 答えはそこには、ない。 なかなかダレること...続きを読む »

夜更かしのコツ。早起きのススメ。

眠る君の横顔に、 そっと触れた。 手の甲で、 君が、 夢から覚めてしまわないように、 白く光るうぶげを感じる具合に、 どこかで、目を開けてくれることを 期待しながら・・・。 みんな眠る。 猫は、眠ることが何よりも大事なように、 犬は、いっぱい遊んでもらえるように、 鳥は、次の旅にそなえて、 昆虫は、来世の夢を見る為に、 人間は、眠りの入り口の淵に立つ。 様々...続きを読む »

バカが覚えりゃ、賢くなるか?

小さい頃、 覚えたての気に入った言葉を 嬉々として連呼した。 「バカのひとつ覚え」 ぼそりと言われた。 おお、バカのひとつ覚え! その日はなんと、 二つの言葉を覚えた! なんと素晴らしい! 毎日は、知らないことであふれあふれあふれ まくっている! 最近知った、誰が作ったか知らない 新しい言葉。一個。 見かけるたんびに言っている。 とても、お気に入り。 枯れつ...続きを読む »

キュートでポップは、ほど遠い。

くわしくもない。 たくさんの 星の話が いっぱい泣いて、 いっぱい悲しい、 話が、 いっぱい夜の星には、 どうやらあるらしく、 先日の、ミルキーウェイにはばまれた お二人なんかも、 諸説あったりで、 犬座の周辺のお話なんかは、 おひどくて、 お悲しくて、 おとめ座のそれは・・・、 あぁ、もう悲しくて、書けません。 じゃぁ、これには、どんなお話が? ここは一つ...続きを読む »

さてと、何だろか?(改定版)

やんや やんや、お家で、 独りでしてるうち、 まぁ、何もしていないということです。 色んな御知らせ してないまま。 脚本家で友人の、佐藤大さんのネットラジオに 出させてもらったのは、けっこう前になるのか・・・。 んで、あ、もう放送だ!と思って聞いてみたら、 http://www.factry.co.jp/floornet/%2B-0/ 私が出さしていただいた...続きを読む »

待てど暮らせど

近頃、出待ちが凄いです。 『出待ち(でまち)』 芸能人、スポーツ選手のファン等が、その有名人が劇場やテレビ・ラジオの放送局・スタジオ、競技場 などでの公演や競技、練習などを終えて出てくるのを見ようと、施設の出口で待機する現象。また、報道関係者が取材対象者に対して、建物から出てくるのを待機する現象も含められる。(Wikipedia参照) ふむふむ。 私の場合、...続きを読む »

それはそれは白黒はっきりつかないさ

「あなた、私のこと好きなの?」 「うん すごく好き。」 「じゃぁ、どうして一緒に居られないの?」 「どうしても・・・。」 「じゃぁ、もう会えないの?」 「そうかも・・・。」 そんなのって 「あなた、私のこと、嫌い?」 「そうさね、なんか嫌。」 「饅頭こわい。」 「え?」 「いや、なんでもないです」 そんなに、白黒はっきりつくもんでもない世の中? こんなに、白...続きを読む »