本文目次関連項目

もうすぐだ

おそらにいろんなこと うかんでる だれ かれ これ おはなし かいた よ ここで、 おいのち ふきこんでもらえるの わたしも おはなしにさんか するの どうか よろしく http://zenondo.com/ ...続きを読む »

動いている画の私という現象

Giant Robot - Artist Friends Series - Ito Jakuchu as told by Ayako Fujitani Stars Unite for Japan - Part 2 (www.uniteforjapan.org) 02:03 より SHIRLEY MACLAINE from superluv on Vimeo....続きを読む »

忘れてください

どうぞ 忘れてください 私のこと 始まらずに終わった、 互いの、重量がちがった私たちなのです。 どうか、 あなたが、 違うと判断されたのなら、 もう、私の事など、 他から聞かれても、 答えず、 考えず、 すっかり、 忘れてください。 そして、 いつか、 もしかしたら、 出会いなおしましょう。 まったくの別の人として。。。 その為に、 すっかり、 忘れちまって...続きを読む »

・・・。

なにも言わない その背中 いったい ぜんたい なに おもう・・・。 あれは いったい なんだったのと そらに向かって 問うたとて なにもこたえぬ りすだもの あ~、 あ よくみると、 右目の隅でこっち見てますな。...続きを読む »

はなまで咲いてなぁ、、、。

ふう、っと、手を 宙にあげると、 その先に、 自分の触れたいものが みえるのかもしれない。。。 冷たい、 つめたい 空気が、その手のひふに、 あたっている、、、。 その先に。。。 触れたいもの、 触れてほしいものが、 見えてくるのかも、 しれない。。。 出来るかぎりのことをして、 イメージトレーニングもして、 そこには居ないあなたの胸に、 たまには 頭のせて...続きを読む »

エゴエゴした詩

キミドリ色の 合成芝生の上にいっぱい寝転んで、 映像作家がウソをつく時の色に 包まれた。 ひたすらに、 瞬間瞬間が胸の中に広がっては 通り過ぎて行った。 舞台『キミドリ』の稽古の日々、 本番が終わり、 あるのかないのか知らない 『自分』に戻るまでの 心の動きが、むず痒く、 寂しいのか嬉しいのかもわからず、 毎日つくられ、噴火されていたマグマ、 それを急には中...続きを読む »

みえてるよ

いる。。。 いる。。。 そこにいる。。。 あなたが どこかに きっと 私の中に ただ、 いれば、 もう、 いい。 その指、髪、触れることなくとも、 きっと、 いい。 好きに生きていて みていて、 いや、 みてないで、 いや、 みていて、 いや、 忘れて 忘れれば、存在しなくなると同じ はずなのに 違う いる。 から。。。 いつか もしかすれば 満足のいく 「...続きを読む »

こんなことに

二日だけのコクーンでの舞台。。。 そんな不思議な企画、 あるんですねぇ。 舞台『キミドリ』 ここ数年の話題の舞台の陰には必ず彼の映像があるといっても過言ではない映画監督にして舞台映像の第一人者・奥秀太郎。 彼の手にかかると「映像」と「演劇」は違和感なく融合し、珠玉のエンターテインメントへと観客を誘ってくれる。 作・演出・映像第3弾「キミドリ」は飛行機墜落事故...続きを読む »

どんな休日

今日、なにしようかな。 読んでいない本読もうかな。 あなたと私のことを スウィートな気持ちだけを込めて考えようかな。 そしたら、何度も、鼻がツーンとなって、 辛いかな。 何か書くかな。 脳トレするかな。 ふてふてと、歩くかな。 夜は、どこの空の下、 様々な食材に 「お命ちょうだい」と 晩酌するかな。 映画は何本観ればいいかな。 どんな妄想するかな。 あなたは...続きを読む »

待たされているとは思わないわ。

吠えるのも、 もう、やめることにしました。 出てこい! 出てこい! 撫でろよ 撫でろ 抱っこも、 させてやってもいいんだぞ そういうこと、 かつては言っていたんです。 でも、 もうやめました。 あなたが他の犬、撫でているのをみても、 知らんぷりしてました。 でも、私のまっすぐな心だけは、 吠えても、 知らんぷりしても、 悲しぃく疼くのを わかってしまったので...続きを読む »