本文目次関連項目

白黒に見える世界。でもしかし。

飽きた!
もう色んな事に飽きた!
秋田で食べた蕎麦はうまかった!

しかし、私はもう、何に飽きたって、
自分に飽きた。

よくあくびが出るなと思ったら、
眠いのではなかったわけだ!
自分に飽きていた!

驚いたよ。

驚いたって、何も変わらん。
飽きた感覚は居なくならない。

そして私は、海に出た。

風が、飽きたさんをどっかへ連れて行ってくれるかと
願い、海に立った。
しかし、そんなものはあてにならない。
自分は、自分にずっと着いて来る。

そうだ、夜がくる前に、
誰も居ないところへ行こう。

早く、そこへ行こう。
誰も、居ないところへ。

自分すら、居ないところへ。。。

ki---.jpg