本文目次関連項目

アイスはミント?

あぁ、ほんとうに、バタバタするかも!
という予定も立ち消え、
それなら、と、のんびり春を吸い込んだり、
いただいた歓喜の未読の本を読んだりしようと、
その初日の感じで、スタートはよかった。

nekoatama.jpg

ね、こんな感じ。ね?

だのに、何かが変わり始めた昼過ぎ。
先日、子どもを授かった友人から、
一本のメール。
『後で電話していい?相談が・・・。』

『もちろん。いつでも』と返す。

ところが、いつでもと言った為に、いつか分からない。
何だか、あっち行ったりこっち行ったりを部屋の中で
しているちょうど、一番居間から離れたその時、
電話が鳴った。
走る私。

障害物を 華麗に、ジャァンプッ!スチャッと着地!「はいもしもし」

と、なるはずだった。
ならんかった。
結果、パカァァァンという音やら衝撃と共に、
気付くと、倒れている私。
顔や体には、沢山のDVDやら、なんやらが
乗っかっている。
カモイに脳天ぶつけ、その衝撃で倒れた拍子に、
障害物であったヒーターに、後頭部を強打し、
その他もろもろ自分でわからないで打ちながら、
仰向けにぶっ倒れた。
ちょうど横にはDVDの棚があったというわけ。
それで、今、このような状態。
アイスノンは、うん。まぁ、気持ちいいっすよ。

icenon.jpg

なにがなんだか・・・。
ま、あなたが無事なら、いいんです。
笑ってもらえるなら、なおのこと、
素敵なんです。
お恥ずかしい話です。

あてて、首が・・・。