本文目次関連項目

狐の嫁入り、だまし合いっこなぁしよ

20070716.jpg狐に噛ままれました。

みなさんは、あぁ、この子は、物を知らない
可哀想な子なのだなぁとお思いになられるでしょうか。
本当は、「狐につままれる」なのに、と。

狐に、耳たぶを噛ままれたのです。
本当です。

studioghibli_banner.jpgハムンっと私の左耳たぶを狐の小さな口が、
少しの吐息と共に優しく襲いました。

なつっこくて、腕の中に飛び込んで、
かまってほしくて、
遊びたくて、
なのに、誰もいなくなったりして、
それでも誰か戻ってくると喜んで。

きっと、ただ、それだけで...。

両手広げて、
あの子が飛び込んで、
いろいろ考えて抱きしめないより、
そこにあるもの信じて抱きしめる。

じゃれじゃれじゃれのじゃれあい。
しゃれこうべになるまでの馴れ合いにも
似た最高のじゃれあいをしようじじゃないか。

あなた大好きよ。
ってなもんです。