本文目次関連項目

しっかり生きてください。

八丈島、仕事終わって、帰っていいのに、
勝手に滞在を延ばした私です。

よい眺めの部屋で、夕日がきれい。
みはらしの湯で、海がきれい。

shimayuhi.jpg

そして、島料理、飲まなきゃ損した気になるものばかり・・・。

珍味、美味、芋焼酎ぅぅぅの毎夜。
なんか罰があたりそう。。。

島をぐるぐる車でまわっていると、
目の端に何かを見た、気がした。

「ストップ ストップ」と車を止め、
「戻って 戻って ゆっくり戻って」
と行く。 するとやはり、錯覚ではなかった。
車の行き交うすぐ横に、ちょこんっと小さな鳥が座っている。

車から降り、車の往来が無くなるのを待ち、
近づく、手を出す、反応なし。
抱き上げる。きょとんとしてる。
トットットットッと、手の中で心臓が動く。

どうしよう。
そこで、一台の車が、私を通り過ぎ、止まる。
中から女性が現われて、近づく。

聞くと、自然保護の方だとか。それは助かる。
「この子は、モズ。オス!」
「車にあたって脳震とう起こしてるから、飛び立つ
時に車にあたらないようなところに置いてあげれば
今晩、あなたのところに恩返しに来るわよっ じゃっ」
と去って行った。

ちょうどいい道から離れた場所がある。
手の中のモズ君を撫でる。
小さいのにちゃんと息をしている。

mozu.jpg

しかし、何とも強運の持ち主。
私が、見つけたのも奇跡の様だったし、
そこに、自然保護の方が現われるなんてなぁ。

しっかり生きてくださいよ。と元気よく言ってお別れをした。
その言葉は、あの、八丈富士までとんで、跳ね返って、
自分に返ってまいりました。

そんなぁ~