本文目次関連項目

すごいんです。

トークショー、無事終わりまして・・・、
来てくださった方、ありがとうございます。

八谷さんの、展覧会最終回でトークさせていただきました。
今回、聞き役に回らせていただき、それもまた、
楽しかったです。
彼の、やりたいな、乗りたいな、
じゃぁ造ろうか。で、必ず実現してしまう。
しかも、専門家にも、世間にも、
無理だろう、無理だろうと言われても、
個人で、低予算で、風の谷の乗り物、
有人で本当に飛ばしてしまうのだから・・・。

そして、今回のトークの主役、マッドサイエンティスト野田司令は、
八谷さんのよき理解者で、同志で、空よりもっと高くに行くんです。
もう、何か全部すごいんですあの二人。

そして、私は、驚きのやってしまったさんです。
亜米利加に4日間行くので、チケットをゲットすると、
飛行機はなんと朝8時半出発ではないか!
早いなぁ・・・。2時間前には行かないといけないとなると・・・。
早いなぁ・・・。買い物とか済ませないと・・・。
まぁ、ロケのある日みたいなもんだと思えば・・・。
なんて、2時間睡眠で、大荷物抱えリムジンバス。

e-チケットをしっかり握り締め。何度も見つめる。
第1ターミナルでなく、第2ターミナル、よしよし。
え、ここ? あ、違うと確認ね。確認。
お、第2ターミナル、着いた。
と、ころころスーツケース押して、カウンター探すの面倒なんで、
案内のお姉さんに、e-チケットの紙を渡す。
紙を見つめるお姉さん「・・・・。」
「あの、カウンターはもう開いているのですが、今は朝なので・・・。」
「え?」
「こちら、夜の8時半出発です。」
一気に顔が沸騰する。笑いがこみ上げる。

何故だか、申し訳なさそうな顔をするお姉さん。
「あの、お荷物は預けられますよ」
あぁ、じゃあそうしようと、カウンターへ、
「セキュリティーです。パスポートとチケットを」
と真顔のおじさんも、真顔をくずし、「ん?」
その後笑われました。「すみません。初めて見ましたこういう間違えの方」
その後、笑われる事3人。
成田始発のエクスプレスに乗って帰ってまいりました。

まぁ、そんな訳で、慌しく、ここの更新しないまま出発だったのが、
今こうして、机に向かっているということです。

2007-03-12.jpg