本文目次関連項目

ストップキーキー

以前、亜米利加では、
きっつい香水を会社につけてくる
リサ・モールトン(でたら名)を相手に
体調が悪くなると、ゴードン・ビアンキ(でまか姓)
が、告訴。
裁判所は、周りの人間を不快にしていると認め、
ゴードンは見事勝訴!その夜、ゴードンとその友人達は
亜米利加のバーでネクタイをゆるめ勝利の酒に
酔ったとか酔わなかったとか・・・。

全く何でも裁判に持っていく人たちだ。
などということでは今回はないのです。

日本では、お国をあげて、路上喫煙に
様々な運動がされている。
それもこれも、周りの方々に、
何しかの影響があるからというのだ。

そんな個人的なマナーにわざわざ訴えかけないと
どうにもならない世の中になったんであれば、
私としては、是非とも、
ストップキーキーを!

それは、ブレーキをかけた際、キーキー言う自転車の事である。
キーキー自転車は、こんな灼熱の日々には
とてもキツイもんなんである。
陽射しの強い道端で、目がちゃんと開かないなぁと、
必死に前に進もうとしている時にそれはやってくる。
遥か後方から、甲高い音を響かせ、
キ~、キ~、キ~~~ッ
脳髄にきます。身動き出来なくなります。

油を注せばいいのに、ただそれだけなのに、
何故、本人は平気なのか。
そう、何故にか本人は平気なんである。
一日、とまで言わずとも、
少し外に居ると、意外といたるところで
その音は響いています。
私は、油だけが原因なんだと思っていたら、
聞くところによると、ブレーキパッドの
劣化、ブレーキをきゅいきゅいやっている内に
パッドが磨り減り、そんな音が出ている場合も
あるそうな・・・。

みなさんも、今一度、自分の自転車を
点検してみましょう。
キーキー自転車かもしれませんよ。
要注意なのは、母上や、お爺ちゃま、お婆ちゃまの
自転車ですね。出勤の父上のも危険かも・・・。

お近くの自転車店は、きっと誰をも優しく
迎えてくれるでしょうから・・・。